お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

大手企業がぞくぞくと育児休業支援・・・

日本の大手の会社が雇用保険からの給付金とは別に育児休業期間中の社員にぞくぞくと、経済的な支援を打ち出しています。

お金で支援
通常は会社からの収入がなくなるので休みづらい現状があるのが問題として、現金支給するソニーは、一歳以下の子供を持つ社員と契約社員に対し、育児期間中に月に5万円の支援をすることを決めたようです。また、曙ブレーキ工業は、育児休業期間中は共済会が月に3万円を支給するようです。雇用保険の上乗せになるから助かりますね。

また給料の基本給の一部支給する会社も表れました。協同印刷は4週間基本給の40%を支給するようです。凸版印刷は育児休暇中には基本給の10%を支給するそうですよ。さらに、日本綜合地所は3番目の子供の出産費用と義務教育費を負担するとのことで心強いですね。

また、政府の少子化対策として雇用保険での育児休業者への給付を増やす方針で休業開始時の賃金月額の現状40%の比率を50%に引き上げる法改正案を国会で審議中のようです。

時間で支援
日本の会社では育児での休みを有給にし、期間中の基本給を全額支給することで育児休暇を取りやすくする会社が増えました。第一生命保険やライオンや昭和物産や三井物産やキューピーやINAXがそえぞれ固有の支援策を打ち出しました。

お父さんが子育てへ協力しやすくする対策も各社ぞくぞくと考えているようです。日本が元気になるには夫婦のがんばりが大切と考える人々が増えました。子供達が元気に成長して欲しいと願う人々が増えました。がんばれ〜〜NIPON!
| 情報